わたちぇん

人生後半戦に向けて今までの私を変えていくブログ

カテゴリ: 徒然になるまま

流行に・・・特にファッションには疎い、間もなく人生も後半戦を迎える私。

そんな私でも最近よく耳にするジェラートピケ。

略してジェラピケ(で合ってる?)

なんでも『大人のデザート』がコンセプトだそうで、着心地が良くてかわいいルームウェアを販売してる。

コラボも沢山していて、それがまた可愛いんだよねー。

人気のキャラクターだけじゃなく、画家のアルフォンスミュシャのコラボなんてのもあるらしい。

へぇ、どんなだろうと覗いてみたら、乙女の夢全開なルームウェアが!!

絵画の女性のようにナイスな体系ではないけれど、自分の部屋で過ごすには気分が上がりそうだよね。

何の予定もない日にこれ着てお家でまったり過ごすのもいいかもー・・・と、妄想だけさせて頂きました。

楽しい夢を有難う(笑)

でも私はユニクロのルームウェアと、無印のパジャマを愛しているのよ。

浮気はしないわ(笑)

ミュシャと言えば、展覧会が開催されるといつも大盛況のイメージ。
ミュシャ
これは撮影OKだった二枚のうちの一枚。

写真撮る人わんさかで全体をお見せしようとするとどうしても人が映りこんでしまうので、絵の一部だけ。

この日は天気が悪くて来客者が比較的少なかったんだけど、それでも場内は人でぎっしりだったからね。

入場に1時間以上待たされたりとかよくあるものね。

あーもうこんなに並ぶなら次はいいかな・・・と思うのに、展覧会があるとついつい吸い寄せられてしまうミュシャの強い吸引力。

流石です。

そんな感じでミュシャに想いを寄せていたら、ふとお土産に買った絵はがきがあるのを思い出しました。

ついついもったいなくてしまってあるけれど、それじゃもったいない。

私の部屋は床がゴチャっとしてるけど、上に行くほど殺風景。
真っ白~
ここに絵を飾って、ちょっとはお洒落にしてやろうじゃないの!!

これでどうだ!
ちっさ!
・・・

・・・・・・絵、ちっさっ!!

はがき二枚を並べて飾ってみたけれど、思ってたのと違う・・・

でもまぁいいか!

シンプルが一番よね。

殺風景な壁に華を添えてみました。

ーー失敗してる気がしないでもない。

読者登録していただくとLINEで更新お知らせします。



ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


午前中はそうでもなかったのに、お昼から一気に雨と風が強まったしじーみ住処。

体調が戻ったのでお散歩に行きたかったのですがとてもそんな天気ではなく、引き籠り。

午前中に数日の体調不良で溜まってしまった家事を少しこなし、午後からは読書タイム。

でも悪天のせいか部屋が一気に暗くなったので、久しぶりにキャンドル灯してみました。
キャンドル
まるで夕方みたいな薄暗さだけど、これでも午後2時前。

外は凄い雨と風。

こうしてキャンドル灯して外の音を聞いてると、山小屋にいるみたい。

悪天の日に山小屋で過ごしたことないけどね。
虚談
読むのは京極夏彦さんの『虚談』
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虚談 [ 京極 夏彦 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/2/16時点)


ちょっと怖めのお話ですが、小野不由美さんの『残穢』みたいに部屋に一人でいると後ろを振り返っちゃうような怖さはないです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

残穢 (新潮文庫) [ 小野 不由美 ]
価格:693円(税込、送料無料) (2021/2/16時点)

『残穢』読んだ時はお風呂入った時とか、何もないのに思わず背後振り返ったな―(笑)

怖がりの癖にどうして読んだのか後悔した。

京極夏彦さんの本は怖いというより奇妙って感じがして、面白いし読みやすい。

主人公が人を殺す夢を見て、それが余りにもリアルで、本当はどちらが夢なのか分からなくなるお話とか悪天の日に・・・いや私、なんでこの日にこのチョイス?
お狐様
伏見稲荷大社付近のお土産屋さんで購入したお狐様と過ごす、雨の午後でした。

読者登録していただくとLINEで更新お知らせが届きます。



ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


あのですね、朝起きたら・・・
こぐま
PCデスクに飾ってあったこぐまが、ベッド近くの床に転がってた・・・

一瞬「へ?」って思ったけど、昨晩の地震で落ちたと思われます。

PCデスクとベッドはそこそこの距離があるのに、ここまで転がってくるとは・・・

昨晩の地震の大きさに改めてゾッとする。

昨日はお腹の調子が悪くて一日中ゴロゴロしてて、夜も早めにベッドに入ってました。

地震が起きた時は丁度ウトウトしてて、スマホの緊急地震速報の音で飛び起きたよ。

幸いしじーみ住処は大した揺れじゃなく体調も優れなかったので、貴重品と避難ルートを確保して再びベッドへ。

あの時はあんまり頭が回ってなかったんだなぁって、仰向けになったこぐまをみて思いました。

東日本大震災から間もなく10年というタイミングでの地震。

テレビでニュースを観ながら、当時の色々なことを思い出しちゃう。

もーやだよ?

今はコロナで大変なんだから、他の災害はやめておくれよ・・・

被災された方の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


一昨日の夜辺りからお腹の調子を崩しております、しじーみです。

昨日の日中はだいぶ落ち着いてお散歩も出来たんですが、夕飯食べた後にまた崩しました。

んで、今朝は落ち着いてるんですが疲労感が半端ない。

お散歩とか出来そうなくらいに回復はしてるんだけど、これってお散歩にいったら回復した分を削ってしまって、いつまでも全回復しないんじゃない?

気分転換のお散歩で体調崩してたら元も子もない・・・

なので今日はお休み。

お掃除? そんなのしなくても死なないのでパス!!

お料理? 食べても直ぐに体外に出ちゃうっぽいから、手の込んだ料理なんて今日はいらんわ。

そういうわけで、本日は何もしない日に決めました。

甘さ控えめのココアを飲みながら、読書してまったり過ごそう。
読書
私は、有栖川有栖さんのミステリが好きだ。

というか、臨床犯罪学者・火村英生が出てる作品が好きだ。

ドラマにもなってたけど、私は原作が好きだな~。

ついつい観てしまうドラマ『相棒』の主人公である警部補・片山右京のように冷静で頭脳明晰で、サクサクと火村先生も事件を解決してくれるんだけど正義感で動く右京さんと違って、火村先生は過去に人を殺したいと思ったことがある人。

それがそんな出来事だったのか分からないけれど、それが右京さんと違って人間臭くていいなぁと思う。

右京さんはちょっと人間味が薄いところが、可愛くて好き(笑)

有栖川アリスさんの作品は読後が爽やかなのも良い。

これを読みながら、お腹が空いたらカステラ食べます。
カステラ
お腹の調子が悪い時、私はよくカステラ食べます。

本当はお粥を食べると良いんでしょうけど、作るのも片付けも面倒(笑)

その点、カステラだと袋から出すだけだからラクチン!

何故かお粥よりもカステラの方が食が進むんだよね。
卵色
後で熱々麦茶と一緒に頂こう。

ずーっと前なんだけどノロウイルスで一週間ほど苦しめられたことがあって、辛うじて水分は取れたけど固形はダメ、お粥もダメって時に、何故かカステラだけ食べられました。

とは言っても、一日に一切れだけだったけど(笑)

それでも何か口に出来るものがあるって有難いなぁって思った。

あの時はポカリとカステラに助けられたなぁ・・・

あれ以来、お腹の調子を崩した時はカステラ食べてます。

体調の悪い時に、何だったら自分が食べられるか。

それを知っておくのも大事だなーと思った、土曜日の朝でした。

読者登録してくれると喜びます!



ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


本日はもう一つのブログで書いてる病気でのCT検査日です。

もう一つのブログ。

今投与中の薬が私に効果があるか調べるための検査。

検査は午後。

造影剤使用なので早い時間に朝食摂るのはOK、お昼は検査後となります。

飲み物はお茶かお水のみOKなので、朝食にココアを飲む私はいつもより早い時間にいつものヤツを頂きました。
朝ココア
純ココア・きび砂糖・スキムミルクをティースプーン2杯で作ったココア。
甘さ控えめ
ティースプーン2杯分も砂糖を入れたのに、市販のミルクココア(調整ココア)よりもずっと甘さは控えめ。

寒い日に甘い飲み物は最高に美味しいけど、アレはやっぱりご褒美的に飲むものなんだなーと思う。

以前はミルクココアを冬の定番飲み物にしてた。

スティックのミルクココアを約一ヵ月くらい毎日一本飲んだりしてたなー。

食事量はいつも通りなのに何で冬は太りやすいんだろうなーって思ってたけど、きっとあの一ヵ月ミルクココアを飲んでたのが、私には余分なカロリーだったんだろうなー。

そんなことをぼーっと考えながら、ココアを飲み終えました。

それではお狐様、病院に行ってきますのでお留守番よろしく!
お狐様
ちょっとでもいい結果になるように(結果は二週間後だけど)祈ってて―。

読者登録してくれると喜びます!



ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


このページのトップヘ