人生後半戦に備え、今までとは違った事をしてみようと思った私。

さて、何から始めよう?

劇的な変化をしようとすれば、それなりの努力をしなければならない。

でも大変な事は続かない。自分の性格はよーく知っている。

このままじゃダメだと思うことは沢山あって何度も変わろうとしてきたけど、結局変えられなくてダラダラしてしまった自分がいる。

でもこれからは、そういう自分も変えていきたい。

だから、毎日数分で済むような簡単な変化を積み重ねてみようと思った。

もちろんこのブログもその変化の一つなんだけど、今日からは更にもう一つ増やしてみたい。

それで何がいいかなーと思って、ふと思いついた。

そうだ! 前々からやってみたかった1日1捨やってみよう!

人選後半戦に備え、出来るだけ身軽なシンプルライフを目指してみよう。

よく片づけをして人生が変わった、というエピソードを耳にするじゃないですか。

そういう本も沢山出ている。

例えばこんまりさんのこんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』や、ミニマリストである佐々木 典士さんの『ぼくたちに、もうモノは必要ない』

どちらの本も読んで私も自分の好きな物だけに囲まれ、不要な物を処分し、スッキリとした部屋で暮らす事を夢見た。

でも出来なかった。

自分の部屋にあるのも全てを要か不要か選別し、捨てるってとっても労力がいる。

怠け者の私は当然苦痛になるし、早く終わらせたいという焦りでイライラしてしまい、結局失敗に終わってしまうのだ。

これでは続かない。

だから考え方を変える。部屋をスッキリとさせたいけど、今の状況は不便を感じたり、ストレスを感じるものじゃない。

だったら少しずつ片付けていけば、いいじゃない。

気が付いたら『お、なんかスッキリしたなー』って思うくらいのペースでいいじゃない。

人生後半戦にはまだ間がある。

それに間に合うように、ゆっくりとスタートを切ろう。

一日1捨てという片付け方法があるらしいので、私もそれを真似てみよう。

シンプルライフを目指す記念すべき1個目
万歩計

100均で買った万歩計。

クリップ

後ろはクリップになっていて、ポケットなんかに挟める。

コロナ禍や梅雨でウォーキングに行けない日々が続き、仕方なしに室内で筋トレやストレッチをしたりウロウロと歩き回って体力を落とさないようにしてたんだけど、どうせなら室内でウロウロして何歩になるか知りたくて買いました。

歩数計なら100均でも問題ないだろうと思ったんですが、ちゃんと歩数計を地面と平行になるように付けないと全くカウントしてくれない時があって、使わなくなりました。

結局スマホの歩数計が万能で、スマホを持ってウロウロしてます。

これはアレですか?

いわゆる安物買いの銭失いというヤツですか?

捨てる技術だけじゃなく、買う物を見極める目も養っていかなきゃいけませんなぁ……トホホ。