わたちぇん

アラフィフおひとりさまの残りの人生を気楽に暮らしたいブログ

その物語にどんな意味があるのか?(読書感想)

ブログランキング参加中!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

『吞み込まれた男』を読んでいる。

watachan.work

 

本文は約230ページほど。

このくらいの本って、他の人ならどのくらいの時間が読み終えるんだろう?

もしかして、1日もかからない?

数時間で読み終えたりするもの?

読書が苦手な人間は、そんなことを考えながら読んでますよ。

えぇ、余計な考えです。

 

さて、本日は第八章。

巨大な魚の腹の中で暮らすジュゼッペは、色々な物に絵を描いたり彫刻を作ったりしていたけれど、今度は物語を描き始める。

全く違うタイプの兄弟のお話。

マッシモは体が大きくてガサツで、いつも両親の愛情を求めていた。

オットーは無口で白いすべすべした肌をした、陶器の弟。

オットーは両親の自慢の息子で、大事にマントルピースの上に飾られてた。

ん? マントルピース?

それってなんぞや?

ネットで調べてみる。

どうやら小物なんかを飾れるような装飾がある暖炉のことみたい。

オットーはその上に飾られた。

そうして来客があればお披露目をして、みんなが素敵だって感想を口にする。

ガサツなマッシモは陶器の弟を壊したら大変と、この部屋に入ることを禁止されてしまう。

常に愛情に飢えていて足りるを知らない兄は弟に会えず、両親からの愛情も次第に減っていった。

ジュゼッペは途中までこの話を描いて『つまらん話だ!』と吐き捨てる。

彼のどんな心境が、この物語を生んだんだろうね?

さて、今日の読書はここまで!