わたちぇん

アラフィフおひとりさまの残りの人生を気楽に暮らしたいブログ

気が付くと部屋の隅に積みあがる不用品(53処分目)

ブログランキング参加中!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

本格的にお部屋を掃除しようと思うと、どうしても部屋の隅にこんな山が出来てしまいます。
不用品の山
私は約3年前くらいに椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で、全く片づけが出来なくなりました。

 

足が痛すぎて、頭の中が『痛い、辛い』で一杯になってしまったんですよ。

 

なので何か買ったり貰ったりしても、それをどうするか全く考えることが出来ずにクローゼットやカラーボックスの隙間、ベッドの下のスペースなんかに押し込んだんです。

 

そうすれば見た目だけは片付いてるようにみえますもんね?

 

幸い床の掃除や洗濯なんかは頑張ればできたので、辛うじて「汚くて嫌だ!」ってストレスを抱えながら生活せずにすみました。

 

ヘルニアの痛みには約1年半ほど苦しめられ、落ちた体力気力が戻ってくるのには更に半年かかり、やっと本格的に片付けるか!と思ったところに肺の手術。

 

ここまで片付けに着手するには、随分と時間がかかってしまいまいた……(遠い目)

 

そんなわけで3年近くも物を突っ込めば、収納スペースはどこもパンパン。

 

それをひっくり返してまずは使うものかどうかを選別していくんだから、片づけの範囲が広がるにつれて部屋の隅にこうしたまだ選別されていない物の山が出来ちゃうわけですよ。

 

そうすると見るからに部屋がゴチャゴチャしてきて嫌になり、テトリスのように空いてるスペースに押しこんで取り合えず見た目は綺麗にしたいなーと思っちゃうんですが、それをやるとまた収納スペースがパンパンになって大掃除をやらなくちゃいけない日が来るのでじっくり考えて選別中。

 

使うものかそうじゃないのか、どこを定位置にするのかをしっかりと決めて、もうお部屋を不用品でリバウンドさせないんだ!

 

そう決意したところで、本日の処分品はこひら。
53処分目
段ボール。

 

通販なんかを利用するとどんどん段ボールが増えてくのよね。

 

でもちょっとカラーボックスの仕切りにも使いたいのでここから少しだけ残して、あとは処分します。

 

段ボールって結構場所をとるからこれを片付けると空くスペースがあるんだけど、そこにまた物を押し込まないように気を付けよう……