ミニマリストの対義語を、マキシマリストと言うらしいですね。
スッキリ暮らしたいと思っていた私は、良いと思ったものをポンポンと買ってしまい、常に部屋は物であふれている。

そんな私は、マキシマリストだろうと思っていた。

だから、なんか悪いイメージ持ってたんだけと。

沢山の大好きな物に囲まれてる人って、幸せそうじゃない?

部屋を埋め尽くすコレクションを、かっこ良くオシャレに飾ってない?

ちゃんと、それらに見せ場を作ってあげてる。

私の部屋みたいに買ったは良いけれど上手く生かせず、でもいつか使うだろうってクローゼットに押し込め、また新しい何かを買ったりしてない。

あれあれ? もしかして私は真の意味でのマキシマリストじゃない?

ただの汚部屋の住人なんじゃない?

そんな事を思い始めた今日この頃。

でも、こんな私でもミニマルな部分があります。

それは人間関係!!

若い頃は、沢山の友人を作らないといけないって、思っていた。

コミュ障で一人時間が好きなくせに、常に一緒に行動するような仲間がいないと駄目だと思っていた。

だけど、そんなことないのね。

病気になって色々な人と繋がりが切れてしまったけど、今はたまに連絡するくらいなのに、久しぶりに会えばまるでいつも会ってたみたいに会話できる。

片手でも余る、 そういう数少ない人達とだけの繋がりを持っている。

それが凄く心地いい。

頻繁に連絡がこないのを付き合い悪いなんて思わないし、急に連絡しても変に勘ぐったりしない。

いい意味で、あんまり他人に興味のない人達。

私って他人との距離をこんな感じで保つと心地いいんだなーって、新たな発見でした。

でも社会に出ると何かしら人と繋がりを持たなきゃならないので、なかなか難しくもあるよね!

人生後半戦に向けて心地よい人間関係も模索しなくちゃ。

というわけで(?)、今日の処分品5個目。

キャンドルフォルダー

ピンクのキャンドルフォルダー。

モザイク

ピンクのモザイクが可愛くて、これでキャンドル灯したらラクジュアリーな気持ちになれるんじゃない?って買ったはいんだけど、そもそもキャンドルを灯す習慣が私にはありませんでした(笑)

多分、出番は一回だけでした。

でも今までやったことないものチャレンジで、週に一回キャンドルを灯す夜なんて日を設けてみようかな?

なんとキャンドルを灯す習慣はないのに、キャンドルホルダーはもう一個あるんですねぇ。

うーんこの1日1処分、物が減るという利点だけじゃなく、色々な自分を振り返る機会になっていいかもね。