わたちぇん

人生後半戦を気楽に楽しく生きたい

ものかげに潜むようにして生きる

ブログランキング参加中!
 ブログランキング・にほんブログ村へ
バナーを押して応援して下さると嬉しいです!
スポンサーリンク

木の陰に自分の影が紛れ、立ち止まる。

まるで木の陰から覗いてるみたい。

私の輪郭は木の一部になってしまった。

これがなんとも心地よいと思う。

 

その昔、私は私という存在を鮮明にさせたかった。

揺るがず、何にも混ざらず、自分は自分だと言える人間になりたかった。

 

今は何かにちょっと紛れるぐらいが心地いい。

こんな風に木の陰に身を潜ませ、明るい場所を眺めるくらいが丁度いい。

明るすぎる場所は、体に堪えるお年頃だわ(笑)

 

――そんなことを思った歯医者帰り。